チーム紹介

富士市立高等学校

    • 所在地
    • 〒417-0847 静岡県富士市比奈1654
    • 校長
    • 岩田 享
    • 部長
    • 猪狩 清徳
    • 副部長
    • 水野昭善 /伊東秀幸 /宮間豊智 /荒川竜士
    • 監督
    • 戸栗 和秀

メンバー紹介

No. 主将 守備位置 氏名 学年 身長
(cm)
体重
(kg)
出身中学校
1 柿平 和希 3 173 71 吉田
2 青島 佳大朗 3 177 75 南部(山梨)
3 原田 大希 3 172 77 川崎富士見(神奈川)
4 鈴木 琉生 3 174 75 富士須津
5 米田 大空 3 167 70 秦野鶴巻(神奈川)
6 石川 冬馬 3 167 68 清水飯田
7 櫻井 久温 3 174 79 清水庵原
8 増田 翔馬 3 174 68 吉田
9 水谷 浩卓 3 167 65 沼津門池
10 瀧 絢斗 2 174 72 富士吉原東
11 小林 将大 3 173 76 吉田
12 有山 燦吾 3 174 81 秦野鶴巻(神奈川)
13 片桐 優人 2 166 79 相模原大野北(神奈川)
14 山口 葵央 2 164 58 富士須津
15 葉田 雅哉 3 167 71 南六郷(東京)
16 安藤 禅 3 172 72 富士岳陽
17 寺﨑 翔 2 169 71 御殿場富士岡
18 宇佐美 皓平 2 170 77 富士吉原東
19 中山 優汰 3 175 76 下田
20 野村 純也 2 162 50 富士吉原北

チームの横顔

前向き

昨年秋、東部地区大会で負け、県大会出場を逃した。一昨年の秋、県大会に出場したスタメンが6人いるなか勝てなかった。それは先輩方が引っ張ってくれたからであって、今の3年生はその後ろにくっついていただけであったからだ。昨年秋になっても自分達でチームを引っ張っていく気持ちが欠けていた。秋を経て、戸栗監督、そしてスタッフさん方が自分達に何度も変えるきっかけをつくってくださったのだが自分達はなかなか変われず、出る課題、起こる現象もまったく変わらなかった。結局やらされていたのだ。そんななか自分達が変わるきっかけとなったのは、新型コロナウイルスによる活動自粛期間だ。部活動が禁止となり、思うように練習ができないなかできる範囲で個人練習を積み重ねた。そして全体練習が始まり、久々に野球ができる喜び、また個人練習で技術も心もレベルアップし、いい雰囲気のなかで練習を再開した。そして、選手達から出る言葉、声も変わってきた。とにかくプラスの発言をし、一人一人の献身的な気持ちが大きくなった。やらせれていた雰囲気もなくなった。力のない自分達が勝つため必死に積み重ねてきたことに自信をもち、一戦必勝で勝負に向かう。

ネット裏より一言

文責:富士市立高等学校野球部父母会会長  中山真樹

今年度、富士市立高等学校野球部父母会会長を務めております中山です。 初めに、夏季静岡県大会の開催を決めて頂き心から感謝いたします。春季大会が中止となり夏季大会も危ぶまれる中、選手たちは、どこを目指していいのか分からないまま走っている感じでした。人は目標がないと頑張れないものなんだと、改めて思いました。先が見えない中でも必死にやっている選手たちは、一時もやる気のない態度も見せずに自主練習に取り組んでました。本当に立派ですし、人間力の成長を感じました。自主練習が続く中、夏季静岡県大会の開催が決まった時の選手の喜ぶ顔、そしてやる気に満ちた姿が今でも忘れられません。今年度のチ-ムのスロ-ガンでもある「尽くす」そして感謝をもって、ベストを尽くせることを父母会一同応援しております

ページトップへ