チーム紹介

静岡県立浜松城北工業高等学校

    • 所在地
    • 静岡県浜松市中区住吉五丁目16番1号
    • 校長
    • 井島 秀樹
    • 部長
    • 佐藤 好敏
    • 副部長
    • 岡田 弘 /青嶋 敬
    • 監督
    • 羽切 政人

メンバー紹介

No. 主将 守備位置 氏名 学年 身長
(cm)
体重
(kg)
出身中学校
1 神谷 一成 3 170 64 浜松南部
2 岩崎 航太 3 172 78 浜北北部
3 山崎 総馬 3 177 95 浜松蜆塚
4 加藤 佑唯 3 167 65 浜松与進
5 佐藤 伎 3 171 88 浜松北星
6 鈴木 俊平 3 168 60 浜松浜名
7 大迫 颯真 3 175 70 浜松開成
8 松井 雷弥 3 165 67 浜松浜名
9 石島 太陽 3 170 64 北浜東部
10 鈴木丈翔 3 167 60 浜松光が丘
11 荒井 瑞樹 3 181 68 浜松蜆塚
12 桐山 修侑 3 161 63 浜松曳馬
13 坂本 駿 3 175 64 浜松西部
14 内田 大晴 3 167 70 浜松可美
15 和久田 律季 3 167 65 浜松東部
16 杉浦 誠也 3 173 60 浜松丸塚
17 河鰭 雄也 3 173 58 浜松丸塚
18 道上 眞洋 3 166 66 浜松入野
19 鎌田 成覇 3 181 68 浜松積志
20 藤田 智弥 3 164 61 浜松蜆塚
21 服部 掌 3 180 68 浜松修学舎
22 高林 大也 3 162 54 浜松積志
23 村上 悠太 2 173 61 浜松三方原
24 鈴木 颯斗 2 167 59 浜松南部
25 八木 斗麻 2 167 67 磐田東

チームの横顔

凡事徹底

本校は、工業都市である浜松市に立地する工業高校である。多くの生徒が就職を希望し、大手企業にも多数就職をしている。選手たちは、近い将来、社会に貢献できる人材となるため、日常生活や学業、資格取得に励んでいる。「凡事徹底」がチームのスローガンだ。しかしながら、新型コロナウイルスの影響で、甲子園大会の中止や就職活動の不透明さなど、日常や平常といった言葉から懸け離れた、大きな不安の中での生活を余儀なくされた。野球のできない生活、学校のない生活、当たり前なことが当たり前ではなくなった時間を過ごす中で、改めて「凡事」の大切さを実感した。そのような中での代替大会の実施決定に選手は歓喜し、改めて3年生22名全員で真剣勝負をすることを決意し、この大会に臨むこととなった。  選手達は自分を取り巻く全てのことに感謝し、その気持ちを行動で表現していく。「いい声・いい顔・いい動き」を合言葉に、「応援される集団」として最高の舞台で再び城北旋風を巻き起こす。

ネット裏より一言

文責:野球部保護者会長 鈴木 勝也

三年生諸君。君たちが野球を始めた幼い頃から、一つの区切りとして目指してきたはずの高校野球「最後の夏」。それが思わぬ災禍の前に、あやうく奪われてしまいそうになったのは、つい先日の話だ。しかし幸いなことに、どんなカタチであれ「最後の夏」は君たちに与えられ、そしてまもなく始まろうとしている。まずはそのことに心から感謝しよう。そしてその感謝の気持ちを持って、「最後の夏」に全力を尽くそう。 君たちに与えられた「最後の夏」を前にして、君たちを見守ってきた私たちの願いはひとつ。君たちが全力で戦い、なんの悔いも残さず「最後の夏」を締めくくるということだ。投手ならば全力で腕を振り、打者ならばフルスイングをしてほしい。野手ならば横を抜けようとする打球に必死で飛びついてほしいし、ベンチでは力の限りに友を鼓舞してほしい。 野球は勝負ごとであるのだから、戦いの先には否応なく勝利の歓喜か、敗戦の涙のいずれかが待っている。しかし、たとえ敗戦の涙を流すことになったとしても、それが全力を尽くして戦った結果であれば、悔いは残らないだろう。だが、迷いあるプレーや中途半端な思いの末の敗戦には、必ずや悔いが残る。そんな悔いを残すようなことだけは、君たちにしてほしくない。だからすべてにおいて、がむしゃらに全力を尽くして戦ってほしいのだ。 君たちが迎えるこの「最後の夏」は、長い球史の中でも人々の記憶に残る特別な夏になるはずだ。どうか君たちには「最後の夏」を「全力の夏」、「悔いを残さない夏」にしてもらいたい。ネット裏で見守る私たちは、ただそう願うばかりだ。 がんばれ!浜松城北工高!がんばれ!静岡県の高校球児たち!全力で! 

ページトップへ