チーム紹介

静岡県立金谷高等学校

    • 所在地
    • 静岡県島田市金谷根岸町35
    • 校長
    • 石原 一義
    • 部長
    • 岡本 仁美
    • 監督
    • 青山 秀一

メンバー紹介

No. 主将 守備位置 氏名 学年 身長
(cm)
体重
(kg)
出身中学校
1 東樹 明生 3 180 76 浜松曳馬
2 織部 一寿 3 170 70 菊川西
3 町田 隼人 2 173 85 浜松丸塚
4 五條 玲 3 168 55 島田初倉
5 松本 拓也 3 165 63 掛川栄川
6 杉本 大河 3 175 88 浜松修学舎
7 本間 隆 2 173 61 浜松佐久間
8 星野 敬 3 169 66 掛川栄川
9 北野谷 泰梧 1 163 51 浜松佐久間
10 田邊 優太 2 173 57 函南東
11 望月 拳太 2 166 60 熱海
12 八木 優大 2 160 57 三島錦田

チームの横顔

「この貴重な体験・経験を合同チームの選手達とともに」

 まずは皆様方の御厚意により大会を迎えられることに感謝申し上げます。  本校は昨年秋の新チーム発足以来、マネージャーを含め6人だけでした。練習試合はおろか練習も思うようにできず、秋季新人戦の出場を辞退せざるを得ませんでした。そんな中、同じような問題を抱えた佐久間高校、遠州総合高校と合同チームを結成することになりました。合同チーム結成当初は選手間に戸惑いや気まずさがありましたが、回を重ねるうちに打ち解け、仲間意識が高まり、一丸となって勝利を目指しました。  ところが新型コロナウイルス感染という危機の前に部活動は一旦中止となり、公式戦を行えずして合同チームは解消しました。  新年度を迎えても金谷高校だけでの出場はかなわず、熱海高校と佐久間高校とで合同チームを結成し、大会を迎えます。3校間の距離はずいぶんとあり、平日の合同練習はできず、休日の4回しかできませんでした。 本校野球部員は新チーム以来、まだ一度も背番号を付けたことがありません。チームとしてやりたいことは山ほどありましたが、お互いに励ましあい、試合を行えるという喜びを胸に今できる限りの力を出して頑張りたいと思います。

ネット裏より一言

文責:金谷高校野球部父母会長 五條 雅丈

 君たちのほとんどが小学校の低学年から、この高校三年生まで野球を続けてきました。お父さん・お母さんたちは、その君たちの汗や土にまみれながらもこぼす笑顔や、時には悔し涙を流す姿等を、ネット裏からずっと見守ってきました。高校三年の最後の時期には新型コロナウィルス感染症の影響で思うように練習や試合が行えなかったが、最後に代替試合というチャンスを貰ったので、そこで君たちの今まで野球を続けてきた雄姿を私たち父兄に見せつけて下さい。また、選手たちを影から支えてくれたマネージャーさん、本当にありがとう。感謝しています。

ページトップへ